安眠グッズにはどんな種類がある?

ぐっすりと眠るためには、安眠できる環境を作ることです。

 

安眠できる環境を整備するにあたって、いろいろな安眠グッズも販売されています。もしなかなか寝付けない、ぐっすり眠った感じがしないというのであれば、安眠グッズを使って眠ってみるのも一つの方法です。

 

眠るときに欠かせない枕ですが、高すぎても低すぎても寝にくくなります。自分の頭にフィットする枕を探しましょう。また最近では枕にプラスアルファの効果を持たせたグッズも販売されています。天然ハーブの香りのアイピローなどは、ラベンダーの香りが出る枕でリラックス効果が期待できます。

 

マットレスも安眠グッズの中でも高い人気があります。安眠できるマットレスですが、体圧分散と高反発できるかがポイントになります。

 

体圧分散は等しく前進に体重の圧がかかるような設計になっていること、高反発とか硬めで体が沈みにくいマットレスのことです。少し前までは低反発の方が人気でしたが、最近では硬めのマットレスの方が寝返りを打ちやすいと人気です。

 

アイマスクを着用して眠るのもおすすめです。光が入るとどうしてもそれが刺激になって眠りにくくなります。光を遮るアイマスクを着用すると、眠りに落ちやすくなります。

 

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料などは40度の温かい蒸気で目を優しく包み込んでくれます。目元を温めることでリラックス効果が期待できます。寝つきの悪い子どもを寝付かせるときに高い人気のある安眠グッズなので、試してみるのもいいでしょう。